地域猫

地域猫ってなんでしょう?

地域の人みんなが飼い主の猫の事です。
地域猫という言葉は、その地域に住み着いた飼い主のいない猫に対して、地域住民全員で適切に管理しようという考えのもと、誕生しました。
飼主のいない猫、いわゆるノラ猫にはみなさんどんな印象をお持ちでしょうか。

かわいい?迷惑?汚い?かわいそう?

人によって感じ方は様々だと思います。しかし、現実にその猫たちはそこに生きています。そして、自由気ままに見える彼らの生活は実はとても厳しく大人になれずに亡くなってしまう子が多くいます。

地域猫はこの現実を変えるために産まれました。
地域住民みんなで猫を正しく管理する事で、不幸な猫を減らし、人に迷惑のかからない環境を整えるのが地域猫です。

地域猫って具体的にはどうするの?
具体的にはかなり多くの事をしなければなりませんが、大前提として次の三つをする必要があります。

・不妊手術の実施
 望まれない命の誕生を防ぐため、実施します。手術をしなければ猫はあっという間に増えていきます。

・適切なエサやり
 エサを適切にあげることで、ゴミ漁りなどを防ぐとともに他の地域から新たに猫がやってくることを防ぎます。新たに猫がきてしまったらその猫も地域猫として管理しなければなりません。

・トイレの管理
 トイレもある程度なら管理可能です。これをする事で、糞尿の被害を防ぎます。

りっか動物病院の地域猫への取り組み

当院では、次の二通りの方法で地域猫活動に協力いたします。

・不妊手術の実施のみ行なう
 TNR活動と言われているノラ猫を捕まえて不妊手術を行ない元の場所に戻す活動や、地域猫活動の不妊手術の部分のみ協力が必要な場合。ちなみに、近年TNR活動や地域猫という言葉は有名になってきていますが、TNRのみを行なう場合は厳密に言うと地域猫ではありません。その後の適切な管理があって初めて地域猫となります。

・地域猫全般の協力を行なう
 これは不妊手術は勿論の事、地域猫全般の相談を受け付け、随時アドバイスやフォローを行なうものです。地域猫活動をしようとしているが、うまくいっていない、何からしたらいいのかわからない時などはご相談いただけます。

それぞれの料金や具体的な内容につきましては、当院までお問い合わせ下さい。


みんなで協力して、人も猫も幸せに住める街にしていきませんか?