ご挨拶

最期のありがとうまでを一緒に

 りっか動物病院獣医師、大山拓です。当ホームページをご覧くださりありがとうございます。
当院の目標は、病気を治す事ではありません。当院の目標は、飼い主様とその家庭の動物、そして飼い主のいない動物も含めて幸せに暮らしてもらう事です。病気の治療は、その目標のための数ある手段のひとつでしかありません。

 私自身、獣医師として、一人の飼い主として沢山の動物に接してきました。
そこで感じたことは、どうしても訪れる最期のお別れのとき、飼い主様から動物へ贈られる言葉は「ありがとう」か「ごめんなさい」のどちらかである事が殆どだということです。
その子との生活が幸せに満ちていたか。その別れ方に後悔が無いか。
この二つが満たされていれば、悲しい最期のお別れのときにも飼い主様は、動物にありがとうと、声をかけてくれます。最期に飼い主様がありがとうと言える、動物がありがとうと言ってもらえる、そんな形を少しでも増やしていきたい、それがりっか動物病院の究極の目標です。

この目標を達成するためには、病気を治すだけを考えていては全然たりません。その治療に対する飼い主様の納得が何より重要です。そして、病気や怪我をしないためだけではなく、楽しく過ごすための適切な飼育環境づくり、捨てられた動物たちに新たに愛してくれる人を探すことなど、行なうべきことは沢山あります。

目標のため、当院では特に以下の3つの事に力をいれて活動致します。

・犬、特に子犬のしつけ

・犬、猫以外の小動物の診療

・地域猫活動


みなさんと動物たちが出会い、幸せに過ごして、最期のありがとうまで、
りっか動物病院は全力でサポート致します。


スタッフ紹介

左から獣医師の大山しのぶ、獣医師、院長の大山拓、動物看護師の棗田恵理子

所属
日本獣医師会
エキゾチックペット研究会
鳥類臨床研究会
日本獣医動物行動研究会


関連書籍

「北里大学獣医学部 犬部!」
私が大学生の時に、所属していた大学生による動物保護団体「犬部」の活動をノンフィクションライターの片野ゆかさんがまとめて下さったものです。私も登場します。

「ツヅキくんと犬部のこと」
前述の「犬部!」がコミック化されたものです。この漫画の主人公の「ツヅキくん」は私がモデルになっています。